5月テーマ:「希望とやる気に満ちた自分のままでいる~モチベーションのメカニズム~」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1)モチベーションを上げようとするとあがらないから要注意
2)ポジティブな望みを描いたまま動くとすぐ止まる
3)ひとは“自分の足で人生を歩む”ために生まれてきた
4)アメとムチではない本能が喜ぶモチベーション法
5)すぐできる10のモチベーションアップアイデア

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、池田貴将です!


いよいよ今月はこのテーマ「モチベーションのメカニズム」です。


なかなか信じてもらえませんが、元々ぼくはやる気がない人間でした。
やるべき「to-doリスト」を書いても、書いただけで満足してしまっていたような状態です。
1日1つの決めたことでさえできませんでした。


ただ、学ぶ意欲だけはあったので、
行動を起こす心理について学んでいると、驚きがたくさんでした。


多くの人は「やる気がない」のではなく、
「やる気を生み出せない状況を自分でつくっていた」だけだからです。


やる気をあげようとすると、トラップにひっかかりますが、
そうではなく「やる気をうみだす原因」をつくることが大切なのです。


人生は柔軟性が高いひとの方が、望むものを叶える上で有利です。


なので、5月のシークレットセミナーでは、
やる気をつくりだす様々なやり方についてお届けします。


仕事のやる気は、Aの方法ではダメだったけど、Bでやる気になった。
ダイエットは、Bの方法ではダメだったけど、Aでやる気になった。

というように、どの方法が当てはまるかは、
タイミングと取り組むものによって、かなり変わります。


情報が溢れる時代のなかでは、
「なにをしたらいいのか」は簡単に見つけやすくなりました。


書店にいけば、知識があふれています。
ただ、本を買っても、「読む」というモチベーションがあるならば。
また、本を読んでも「行動を起こす」というモチベーションがあるなら、
人生は変わります。


短期的なモチベーションではなく、
真の意味で、成長や人生の幸福に貢献することにつながることも大切です。


5月は人生のステージを上げる【やる気】について、
ともに学んでいきましょう!


池田貴将